カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.3【 製品開発のDX化 素材の色と質感を正確にデジタル化】

この動画では、色々な素材が正確にデジタル化できることについてご説明します。

これまで製品開発時のデジタルシミュレーションでは、サプライヤーから提供される素材サンプルを、照明(普通の照明は色が正しく見えません)の下に置いて目視でモニター(普通モニターは正しい色を表示しません)と見比べて色を付けていました。
つまり間違った色(フェイクカラー)を付けていたため、製造時の色と異なり修正期間とコストがかかっていました。

質感も同様に目視でそれらしく作成していました。

正しく色と質感を測定するデバイスを用いることで、リアルカラー/リアルマテリアルなデジタルデータを作成して、製品開発のDX化を実現できます。

製品開発DX化の主なメリットは、
・製造時の修正期間とコストを削減
・意思決定の迅速化
・ライブラリー化して過去製品をいつでも再現可能

関連記事

  1. 測定マテリアル「第1回 AxFとは?」

  2. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.21【よく起こる誤解と失敗3】

  3. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.15【カラマネを採用した開発フロ…

  4. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.7【 デザインデータを営業販促に…

  5. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.16【カラマネを採用した開発フロ…

  6. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.6【 正しい色でデザイン/意思決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。