カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.8【開発期間とコストの削減】

この動画では、カラーマネジメントを導入することで開発期間とコストが削減される点についてご説明します。

サプライヤーからメーカーへ提供されるサンプルは多大な時間/コスト/資材が商品されています。しかもデザイン工程ではサンプルをデジタル化するわけですから、デジタルサンプルで提供することで提出期間とコストを大幅に削減できます。

意思決定にミスジャッチが無くなるため修正期間とコストが削減されます。

製造時の色を再現しながらデザインを行っているので、製造直前に色が違うと言った修正ややり直しが無くなります。

具体的な削減例、
・サンプル提出期間が3週間から2日へ
・デザイン工程の作業量が20%削減
・製造直前の修正期間1ヶ月が0日に

関連記事

  1. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.10【ソフトウェアのカラー管理機…

  2. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.2【 ヨーロッパが先行する開発コ…

  3. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.15【カラマネを採用した開発フロ…

  4. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.7【 デザインデータを営業販促に…

  5. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.22【よく起こる誤解と失敗4】

  6. カラーマネジメント用語解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。