色空間 カラープロファイル

色空間とは?

普段なにげなく使用しているRGB, CMYK, sRGBといった言葉はカラーマネジメントを理解する重要な用語の1つです。
RGB, CMYKなどはカラーモードと呼ばれ、色情報をどのように持っているかを示しています。RGBはRed, Green, Blueの3色を組み合わせて色を表現しているという感じです。

一方で、sRGB, AdobeRGBなどは色空間やカラープロファイルと呼ばれ、色の表示領域を表しています。sRGB対応ディスプレイより、AdobeRGB対応ディスプレイは色が鮮やかに表現されるといった感じです。

2つは似ているようでいて全く異なるものなんですね。

RGBはディスプレイがRed, Green, Blueの発色体で色を表現し、CMYKは印刷がCyan, Magenta, Yellow, Blackの4つの版で色を表現されるからです(方式により異なる物もあります)。
しかし、ディスプレイによってRed, Green, Blueの発色度合いが異なったり、印刷のインクや紙によってCyan, Magenta, Yellow, Blackの発色が異なるため、色空間が異なってしまうと言うわけです。

そのためカラーモードの中に色空間があると覚えるとわかりやすいと思います。

※RGB, CYMKなどのカラーモードと色空間の関係

このようなことから、カラーマネジメントで色をマッチングさせるには、具体的な表示領域が示されている色空間を使う必要があります。

 

色空間は立体で表現

色空間はRed, Green, Blueなどの「色(色相や彩度)」だけでなく、明るい暗いといった「明るさ(輝度)」も含みますし、白の色合い「色温度(電球色や青白い光など)」も含まれています。
これら3つの情報を表すために色立体という立体的な表現を行います。

※MacOS付属のColorSyncユーティリティで、sRGBとAdobeRGBの色立体を比較


色空間比較動画をダウンロード

 

製品開発で活用される色空間

製品開発ではどの色空間を使用したら良いか? それは開発している物によって異なります。

● リアルな物体(車両・アパレル・家電・製造装置・化粧品・・・・)
 AdobeRGB:派手な色が含まれる場合は広い色空間を持つAdobeRGBが良い
 sRGB:表現できる色は少なくなるが、測定器やソフトウェアなど対応している物が多いので、カラーマネジメントシステムを構築しやすい

● ディスプレイ(自動車メーター・パチンコ筐体・・・・)
 採用されるディスプレイを測定:搭載されるディスプレイをシミュレーションする必要があるため、sRGBのような理論値ではなく、サンプルディスプレイを測定する

製造業以外の業界も含めた、推薦される色空間(プロファイル)をまとめた表をご紹介します。モニターメーカーのEIZOが発行、私が著作しているカラーマネジメント導入のガイドブックです。
基礎知識やモニターやソフトの設定方法が紹介されていますので、ぜひご活用下さい。
ダウンロードはこちらから。

※「わかる!3DCGでのカラーマネジメント」より
EIZO発行 PERCH著作

 

色空間を表すデータ形式の1つカラープロファイル

色空間を示す方法はいくつかありますが、最も利用されているのはカラープロファイル(ICC color profile)です。
WindowsやMacなどのOSの特定の場所に保存されていて、ソフトウェアが閲覧してカラー管理機能に活用されます。

CGWORLDで私が連載しているカラーマネジメントのブログで、カラープロファイルの中身や詳細を解説しているので、より深く理解したい方は読んでいただけたらと思います。
https://cgworld.jp/regular/cms002.html

リンク

カラーマネジメント用語解説

色空間だけでなく、カラーマネジメントでよく使われる用語をわかりやすく解説しています。
https://perch-colormanagement.jp/color-management-terminology/

CG de カラマネ!

第2回:カラーマネジメントの色基準〜カラープロファイル
色空間について、もう一歩掘り下げた内容です。
https://cgworld.jp/regular/cms002.html

デモキット

現物とAxFを使用したデジタルデータを比較して、マッチング精度を確認したい場合は、素材/測定したAxFデータ/正しく設定されたソフトウェア/正しく設定されたモニター/色評価用照明が必要になります。準備にはコストが、設定にはノウハウが必要ですので、デモキットが便利です。
素材を送っていただければx-rite社で測定し、PERCHでカラーマネジメント設定済みの機器をまとめてお貸し出し致します。
デモキットはこちら

ブログ更新/イベント情報 配信登録 »

カラーマネジメント導入事例 »

デモキットでリアルカラーを体験する »

無料相談はこちら »

関連記事

  1. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.12【優れたスタッフ教育が成功企…

  2. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.5【 サンプル提供を迅速且つ低コ…

  3. 測定マテリアル「第2回 測定マテリアルとは?」

  4. 測定マテリアル「第1回 AxFとは?」

  5. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.16【カラマネを採用した開発フロ…

  6. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.13【導入から運用までの流れ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。