製造/建築業界の方へ

製造/建築業界 カラーマネジメント活用例
カラーマネジメントの効果的な活用法をご紹介していきます。
随時更新予定

複数の素材メーカーから来る膨大なサンプルを現物で保管するのは困難です。また時が経つにつれ退色するため信憑性が低くなります。そこで素材をデジタル化し3DCGでリアルタイムに検証を行い、モニター評価(オンラインも可能)を増やすことが出来ます。
製造時に色の修正をする必要が無くなり、修正コストと期間を削減。販促活動への流用で制作コスト削減と期間短縮が可能になります。

製品イメージを遠隔地(現地法人/別拠点/在宅)にいるスタッフと共有することが出来ます。 正しい形状や色を閲覧できる3DCGデータを作成し、制作環境と表示環境の色管理を行います。 モックアップの制作費/輸送費/閲覧順の管理が不要になり、コスト削減と検討スピードが劇的に向上します。

組込デバイス用ディスプレイの発色特性をデザイン段階で正確に把握できます。 実装段階で色修正を行う多大なコストと時間ロスを無くすことができるのはもちろん、デザイン時は常に正しい色を見ながら開発/検討を行うため意思決定の迷いが無くなり、高品質化と効率化を実現します。

組込デバイス用ディスプレイの発色特性をデザイン段階で正確に把握できます。 実装段階で色修正を行う多大なコストと時間ロスを無くすことができるのはもちろん、デザイン時は常に正しい色を見ながら開発/検討を行うため意思決定の迷いが無くなり、高品質化と効率化を実現します。

デザインサンプルや生地サンプルなどのデジタルデータを営業に活用できます。 正しい色で見せることに加えて、打合せの現場で要望を反映させて色修正すれば、後日イメージが違ったなどのやり直しを減らすことが出来ます。

 

カラマネ最新トレンドと基礎知識はこちら »

関連記事

  1. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.15【カラマネを採用した開発フロ…

  2. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.16【カラマネを採用した開発フロ…