カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.16【カラマネを採用した開発フロー 建築】

この動画では、建築業界での利用例ついてご説明します。

建築デザインでは多くの建材/製品/照明を使用します。

建材メーカーから提供される素材サンプルは、デザイナーに渡ってからデジタル化されデザイン制作されますが、その際に素材に適した測色器を使用することで正しく数値化されます。
目視で色を数値化する作業は、不正確で長い作業時間がかかります。
また製品CAD/3DCGデータや照明の配光データで提供されているデジタルデータを正しい設定で取り込む必要があります。
その結果として間違った意思決定を行い修正回数が増える不効率を生んでいます。

フェイクカラー診断はこちら

カラーマネジメント導入運用のメリットは、
・建築前により正確に建材の選定ができる
・修正コスト/修正期間の削減
・意思決定の迅速化

関連記事

  1. プロダクトデザインのDX化

  2. カラーマネジメント用語解説

  3. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.17【カラマネを採用した開発フロ…

  4. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.1【 カラーマネジメントとは?】…

  5. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.7【 デザインデータを営業販促に…

  6. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.18【カラーマネジメント対応モニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。