カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.11【カラーワークフロー(ルール)を定めて、ミスのない運用を行う】

この動画では、データのカラー情報を扱うルールについてご説明します。

3DCGや画像などのデータを各工程で扱うためにデータのやりとが発生します。各工程内の色基準と取り扱い方法、工程間を跨ぐ際の色基準変換やルール等を定めたカラーワークフローを定め、守っていくことでミスのない運用を行うことが出来ます。

既存の開発の流れやデータの取り扱いを邪魔せず、よりスムーズなやり取りが出来るようにカラーワークフローを取り決めていきます。

統一された色基準を定め、必要に応じて各工程ごとに色基準を設け齟齬が無いようにやり取りできるルールを作ります。

カラーワークフローのメリットは、
・開発工程全体で正しい運用が出来る
・一部の追加変更に柔軟に対応出来る
・問題が発生した場合に原因の特定と対処がし易い

関連記事

  1. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.15【カラマネを採用した開発フロ…

  2. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.12【優れたスタッフ教育が成功企…

  3. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.16【カラマネを採用した開発フロ…

  4. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.18【カラーマネジメント対応モニ…

  5. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.10【ソフトウェアのカラー管理機…

  6. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.1【 カラーマネジメントとは?】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。