カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.6【 正しい色でデザイン/意思決定できていない環境を改善する】

この動画では、全ての関係者が同じ色を見る環境についてご説明します。

デジタルデータの色を正しく見るためには、正確な発色をするモニター(ハードウェアキャリブレーションモニター)と、データの運用ルール(カラーフロー)を作成し運用します。

「デザイン部門で働くデザイナーが正しい色を見てデザインしていない」というショッキングな状況を改善できます。
「正しい色ではないデザインで意思決定をしている」というあり得ない状況を改善できます。

全ての関係者が正しい色を見るメリットは、
・無駄な修正が発生しない
・意思決定が迅速化
・より優れた製品、狙い通りの製品を開発できる

関連記事

  1. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.3【 製品開発のDX化 素材の…

  2. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.4【 ライブラリー化して過去製品…

  3. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.13【導入から運用までの流れ】

  4. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.11【カラーワークフロー(ルール…

  5. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.19【よく起こる誤解と失敗 1 …

  6. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.1【 カラーマネジメントとは?】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。