カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.2【 ヨーロッパが先行する開発コスト削減】

この動画では、国内外のカラーマネジメント導入時期と、全体最適のメリットについてご説明します。

年表は海外と国内の導入時期を示しています。
カラーマネジメントが最初に導入されたのは広告印刷業界で、3DCGやCADが持つ特殊性からエンタメ/製造/建築業界では導入が遅れました。

国内外の導入時期を見ると、広告印刷業界はあまり違いがありませんでしたが、エンタメ/製造/建築業界では【全体】への導入が大きく遅れています。
そのため海外では自動車とアパレルを中心に導入が進み、下記に示す面で差が開いています。

全体導入の主なメリットは、
【デザイン開発】
・サプライヤーからのサンプル提供期間の短縮(例:テキスタイルサンプル提供が3週間→2日)
・意思決定の迅速化
【製造】
・デザインデータとの相違が無くなり修正/差し戻しが激減する
【サプライヤー】
・サンプル作成コストと期間の減少
・サンプル作成時の無駄が無くなる

関連記事

  1. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.1【 カラーマネジメントとは?】…

  2. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.10【ソフトウェアのカラー管理機…

  3. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.20【よく起こる誤解と失敗2】

  4. 色空間 カラープロファイル

  5. カラマネ最新トレンドと基礎知識 No.15【カラマネを採用した開発フロ…

  6. カラーマネジメント用語解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。